サージカルガイドを用いて審美領域にインプラント抜歯時即時埋入を行った症例

この方は40代女性です。上顎の2番から2番までが歯周病で、抜歯をする必要がありました。
前歯を4本欠損してしまうことになるのですが、ご本人の希望としては入れ歯にはしたくない、自分の歯を多く削ってブリッジにもしたくないということで、最終的にインプラントによる歯冠補綴を選択されました。
審美領域でインプラント治療を行う場合は、インプラントを極めて適切なポジション、適切な深さに埋入しなければ美しい歯を作ることができません。ですから上顎前歯部あるいは下顎前歯部にインプラントを埋入する場合は、時々このようなサージカルガイドを作ってから手術することにしています。

サージカルガイドを用いて審美領域にインプラント抜歯時即時埋入を行った症例01
サージカルガイドを用いて審美領域にインプラント抜歯時即時埋入を行った症例02
サージカルガイドを用いて審美領域にインプラント抜歯時即時埋入を行った症例03

この症例では、2番から1番、1番から2番を抜いてすぐに埋入するイミディエイトインプラント(抜歯時即時埋入)を行いました。
サージカルガイドを用いるもう一つの利点は、骨膜や粘膜をあまり開かないので、術後に患者さんが腫れや痛みを訴えるケースが非常に少ないということです。即ち、外科的侵襲度を軽減することが可能です。
審美領域だけではなく、超高齢化が進んでいる日本では高齢者に対するインプラント治療においても、このようにサージカルガイドを使うことが有効であると思います。

サージカルガイドを用いて審美領域にインプラント抜歯時即時埋入を行った症例04
サージカルガイドを用いて審美領域にインプラント抜歯時即時埋入を行った症例05
サージカルガイドを用いて審美領域にインプラント抜歯時即時埋入を行った症例06
サージカルガイドを用いて審美領域にインプラント抜歯時即時埋入を行った症例07

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です