上顎前歯部にアトランティスアバットメントを用いた症例

こちらは左上の3番欠損に対しXiveインプラントを埋入した症例です。
インプラントの埋入深度が深くなったため、上部構造(歯)を作る際にアトランティスアバットメントが必要となりました。
アトランティスアバットメントを用いることにより、高さを調整する自由度が増しました。また、技工士さんにとっては上に載せる上部構造が作りやすくなりました。出来上がった上部構造は天然歯に近い、自然感のある歯になっています。
最近、上部構造の製作にアトランティスアバットメントを使用するケースが非常に増えています。

上顎前歯部にアトランティスアバットメントを用いた症例01
上顎前歯部にアトランティスアバットメントを用いた症例02
上顎前歯部にアトランティスアバットメントを用いた症例03

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です