プラットホームスイッチングシステムのショートインプラントを埋入した症例

こちらの患者さんは50代の女性です。長期にわたり局部床義歯(取り外し式の入れ歯)を装着していたのですが、ご友人の紹介で当院に来院され、インプラント治療を希望されました。
右下臼歯部に2本のインプラント埋入を計画しましたが、CT検査で下顎管(神経)までの距離が無いことがわかり、長さが短いショートインプラントしか埋入することができませんでした。

プラットホームスイッチングシステムのショートインプラントを埋入した症例_01

このようなケースでは、私はプラットホームスイッチングというシステムを使います。このシステムで使用するインプラントは、インプラント体とアバットメントとの接合部分がコカコーラの瓶のようにくびれているため、インプラントのトップの部分に骨の再生がみとめられることが報告されています。
プラットホームスイッチングのシステムを持ったショートインプラントを用いることで、このような難しい症例にも対応することができています。
最新型のプラットホームスイッチングに対する説明は、今後のブログやはまかぜの記事に載せたいと思っています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です