子どもの過剰埋伏歯を抜歯した症例

こちらの患者さんは7歳のお子さんです。左右の上顎中切歯の間に骨性の過剰埋伏歯があったため、歯列不正を起こしていました。CTを使って精査したところ当院での抜歯が可能と判断されたため、過剰歯を抜歯しました。
とても協力的なお子さんだったため10分程度で抜歯できました。今後は矯正医と連携して歯列の改善に努めていこうと思っています。
当院ではインプラント治療だけでなく、このような治療も行っています。

子どもの過剰埋伏歯を抜歯した症例_01
子どもの過剰埋伏歯を抜歯した症例_02
子どもの過剰埋伏歯を抜歯した症例_03
子どもの過剰埋伏歯を抜歯した症例_04

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です