20年前に埋入したIMZインプラントに上部構造の再補綴を行う症例

今から20年前に埋入したIMZインプラントに再補綴が必要となったケースです。
当時治療に使っていたIMZインプラントの形状は、現在主流となっているスクリュー型とはかなり異なり、試験管のようなシリンダー型をしています。

20年前に埋入したIMZインプラントに上部構造の再補綴を行う症例_01
20年前に埋入したIMZインプラントに上部構造の再補綴を行う症例_02

こちらの患者さんが現在使用している上部構造を外して、インプラントの周りの臨床的な検査を行ったところ何ら異常は無く、20年間良い状態で使われていたと感心しました。インプラント周囲炎を起こすことなく粘膜貫通部も良い状態でキープされています。

20年前に埋入したIMZインプラントに上部構造の再補綴を行う症例_03

ただ上部構造の装着はかなり難しくなります。なぜなら、現在のスクリュー型のインプラントはアバットメントとインプラントを接合するところに回転防止のインデックスがついており、アバットメントを一旦外しても元の位置に戻る仕組みになっているのですが、当時のシリンダー型にはその機能が備わっていないからです。
現在、技工士さんと思案しながら上部構造を製作しているところです。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です