頬舌幅が足りない下顎骨にサージカルガイドを用いてインプラントを埋入した症例

60代の男性です。下顎の前歯部(2‐1‐1‐2)欠損の症例です。ご本人は部分入れ歯にはしたくないということで、インプラント治療を選択されました。
ところがこの患者さんの場合、下顎骨の頬舌幅が非常に少ないため、インプラントを埋入するポジションが制限されました。
このようなケースでは、歯牙支持型のサージカルガイドを用いてインプラントを埋入することが時々あります。

頬舌幅が足りない下顎骨にサージカルガイドを用いてインプラントを埋入した症例_01

 

頬舌幅が足りない下顎骨にサージカルガイドを用いてインプラントを埋入した症例_02

ただし、インプラントを適切なポジション、適切な深さに埋入することができても、術後の骨の吸収が予測されるので、こうしたケースでは唇側に骨の補填剤を大量に入れることが良い結果につながると考えます。

頬舌幅が足りない下顎骨にサージカルガイドを用いてインプラントを埋入した症例_03頬舌幅が足りない下顎骨にサージカルガイドを用いてインプラントを埋入した症例_04

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です