サージカルガイドを用いて上顎前歯部にインプラント治療を行った症例

50代の女性です。上顎前歯部の審美治療を希望して来院されました。

「初診時」

151014_01

上顎前歯の側切歯から側切歯(2-1-1-2)が保存不可能だったため抜歯を行い、治療法としてはインプラントによる補綴治療を選択されました。
まず医療面接を行いご本人がどのようなことを希望されているかを聞きました。それをもとにワックスアップの模型を作って治療の最終ゴールを提案させていただき、そのゴールに向かって進めました。
こちらの患者さんの場合は歯牙支持型のサージカルガイドを用いてインプラントを埋入しました。

「歯牙支持型サージカルガイド」

151014_02

骨の大幅な造成治療を行い、インプラントが骨に生着した後、インプラントの仮歯を装着しました。
ご本人の希望を反映させるために仮歯を何度も調整し、最終的にご満足いただける歯を装着することができました。

151014_03
151014_04
151014_05

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です