ラテラルウィンドウテクニックを用いて上顎洞底拳上手術を行った症例

50代の男性です。右上の上顎臼歯部欠損で来院されました。
歯科用コーンビームCTで精査したところ上顎洞底までの距離が5㎜だったため、ラテラルウィンドウテクニックを用いた上顎洞底拳上手術を行い、インプラントを埋入しました。
こちらの患者さんは過去にも当院でインプラント治療を行ったことがあり、経過は良好だということで迷わずインプラントを選択されました。
上顎洞底拳上手術(サイナスリフト)を行ったインプラントは骨に生着するまで6ヶ月間経過を観察し、それから最終的な歯を装着する予定です。
上顎臼歯部のインプラント治療は難しいと言われていますが、上顎洞底拳上手術を確実に行うことにより充分な長さのインプラントを埋入でき、患者さんの咀嚼機能の回復につながると思います。

151023_01
151023_02
151023_03
151023_04
151023_05

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です