手術野が狭い患者さんに対し上顎洞底拳上手術を行った症例

60代の男性です。左上の臼歯部欠損に対しインプラント治療を行った症例です。
CT検査により歯槽骨頂から上顎洞底部までの距離が5㎜だったので、通常当院で行っているラテラルウィンドウテクニックを用いて上顎洞底拳上手術を行いました。

151126_01
151126_02
151126_03

こちらの患者さんは開口量が少なく、しかも上顎洞が後方に位置していたために手術野の確保は非常に困難でした。しかしこのようなケースでも臨機応変に対応でき、無事手術を終えることができたのは、年間60件以上のさまざまな上顎洞底拳上手術を行っているからだと思います。 
もちろん自分の技術だけではなく、それをサポートしてくれる歯科医師、歯科麻酔科医、歯科衛生士の協力があってこその結果だと思っています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です