頬粘膜の粘液嚢胞もしくは脂肪腫を摘出した症例

50代の男性です。左下の頬粘膜部にできた境界明瞭な隆起性の病変を気にして来院されました。
粘液嚢胞もしくは脂肪腫と考えられました。大きさは直径約10㎜で、10分くらいで摘出することができました。

20151224_01
20151224_02
20151224_03
20151224_04

当院が行っているのはインプラント治療だけではありません。今回のような口腔外科的な治療を行うケースや、「大学病院に行かなければ抜けない」と他院で断られた親知らずの抜歯が必要な患者さん、仕事をしていて大学病院を受診するには時間的制約がある方も多数来院されています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です