1回の手術で多数のインプラント埋入を行った基本的症例

インプラント治療を受けられる患者さんの最近の傾向として、お知り合いの紹介で来院され、できるだけ手術を1回で終わらせて欲しいと希望される方が増えています。
インプラントの埋入本数が8本以内であれば1回の手術でできるので、昨年は上下、左右同時に1回で終わらせるケースが多かったように思います。
こちらは30代の女性です。下顎の両側の臼歯部欠損に対してインプラント治療を計画し、手術を行いました。静脈内鎮静法を用いて下顎の右側に2本、左側に2本、計4本のインプラントを1回の手術で埋入しました。
1本あたりの時間は20分程度ですので、1時間ちょっとで手術を完了することができました。非常に基本的な下顎の遊離端欠損の症例です。

20160108_01
20160108_02

もうお一人は、60代の女性です。
左の下顎に他院でストローマンのインプラントを埋入していたのですが、今回、右下の臼歯部欠損に対して当院でのインプラント治療を希望して来院されました。
やはり静脈内鎮静法を用いて約40分で手術を完了しました。

20160108_03
20160108_04

昨年12月はこのような基本的なインプラント手術を多く行いました。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です