サージカルガイドを使用し前歯部にインプラント埋入とGBRを行った症例

こちらは70代の女性です。
下顎の前歯部欠損に対し、歯牙支持型のサージカルガイドを使用してインプラントの埋入を行いました。

20160113_01

今回は前歯部ということで歯牙支持型のサージカルガイドを用いましたが、もしかしたらフリーハンドの方が短時間に行えたかなと感じました。
手術に参加してくれた麻酔科の先生も「こちらではフリーハンドで短時間に正確なポジションへ埋入できるので、ガイド無しでも同じような結果が得られますね」と言って下さいました。
下顎前歯部に直径3.4㎜、長さ11mのXiveインプラントを埋入し、骨が薄くなっている部分は吸収性のメンブレムと長さ1.5㎝のチタン製のピンでGBRも行いました。

20160113_02
20160113_03

術後は腫れも痛みも無く、経過は良好です。3ヶ月後にはインプラントを用いた仮歯を装着し、患者さんのニーズ、希望に合わせた形態及び色を選択して最終的な歯を製作する予定です。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です