20年以上経過したIMZインプラントに上部構造を装着した症例

こちらの方は、20数年前に当院でIMZインプラントを埋入した患者さんです。

20160311_01

上部構造を装着し、ずっと長い間使っていましたが、誤って堅いものを噛んで破損してしまいました。
もう20年以上経過していたため、今回新しく綺麗な歯を作ってほしいということでした。
IMZインプラントはドイツで作られていましたが、ずいぶん前に製造中止になっています。古いインプラントなので、当院で現在使われているXiveインプラントやTXのように上部構造を作るパーツの種類が多くありません。技工士さんと相談し、技術を駆使して新しい上部構造を装着することができました。
このIMZインプラントは埋入して20年以上経過していますが、全く問題ないことが確認できたので、上部構造だけ新しく装着しました。
あらためて、インプラントは長持ちする治療法だと実感しました。

20160311_02

20160311_03

20160311_04

20160311_05

20160311_06

20160311_07

20160311_08

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です