上顎洞底拳上手術を行わないでインプラントブリッジを装着した症例

右上の4番、5番、6番が欠損し来院された患者さんです。
歯科用コーンビームCTで精査したところ、上顎洞底拳上手術が必要と考えられましたが、ご本人は大掛かりな外科的処置は行いたくないというご希望でした。そこで、既存骨が充分にある4番と6番に対しインプラントを埋入し、4番、5番、6番のインプラントブリッジを装着しました。
出来上がりは非常に綺麗で、まるで自分の歯のように入ったとご満足いただきました。

20160316_01

20160316_02

20160316_03

20160316_04

20160316_05

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です