上顎洞底拳上手術を行い埋入したインプラントに上部構造を装着した症例

40代の女性です。右上の第一大臼歯が欠損し来院されました。
自分の歯を大幅に削るブリッジには、できるだけしたくないということで、欠損部一歯に対するインプラント治療を希望されました。
歯科用コーンビームCTで精査したところ、ラテラルウィンドウテクニックによる上顎洞底拳上手術(サイナスリフト)が必要であったため、約7カ月前にサイナスリフトを行いました。
そして今回、上部構造の白い歯が装着されました。

20160323_01

20160323_02

20160323_03

20160323_04

20160323_05

20160323_06

20160323_07

20160323_08

20160323_09

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です