下顎に2本のインプラントを埋入してブリッジを装着した症例

60代の女性です。右下の4・5・6番欠損で来院されました。初診時は義歯を装着されていましたが、取り外し式の義歯は使い勝手が悪く、咀嚼しにくく、粘着性のものを食べるとはずれてしまうということで、インプラント治療を希望されました。
本来なら、4・5・6番に3本のインプラントを埋入するのですが、CTで精査したところ、5番部はオトガイ孔という神経の出口が非常に高い位置にありました。そこを避けて4番と6番にインプラントを埋入し、4・5・6番のインプラントブリッジを装着しました。
出来上がりは非常に綺麗で、自分の歯のように見えると喜んで下さいました。
他にも治したい歯はあるのですが、ご本人の希望で少しずつゆっくりと治療を進めていく予定です。

20160415_01

20160415_02

20160415_03

20160415_04

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です