1本はインプラント、3本はセラミック冠を装着して前歯部の審美治療を行った症例


30代の男性です。上顎前歯部の審美治療を希望して来院されました。
初診時はブリッジが入っていましたが、当院でインプラント治療を受けたご友人の話をお聞きになったということで、インプラントを使った治療を希望されました。
左上1番にXiveインプラントを埋入し、そこにはインプラントの上部構造を、右上2番と右上1番と左上の2番にはセラミック冠を被せた症例です。
抜歯した日からしばらく経ってからインプラントを埋入すると、歯茎と歯のラインを隣の天然歯と調和させるのが非常に難しくなるのですが、CTや術前の検査を十分に行い適切なポジションにインプラントを埋入することができたので、天然歯とセラミック冠の区別がつかないほどの仕上がりになったと思います。
装着した時、ご本人も想像していた以上にきれいになったと、とても喜んでくださいました。
20161010_01
20161010_02
20161010_03
20161010_04

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です