前歯部にインプラントで審美修復を行った症例

60代の女性です。前歯部の審美修復を希望して来院されました。
欠損している歯が右上2番、1番、左上1番というように3歯連続しているため、ブリッジで治療を行うとなると健全な多数の歯を削る必要がありました。
ご本人もそのことを充分に理解し、最初からインプラント治療を希望されました。
歯科用CTで精査したところ、骨量や骨質はインプラント治療に適しており、全身的な疾患もなく口腔内の清掃状態も良かったので、インプラント治療を行いました。
治療方法としては、右上2番と左上1番にXiveインプラントを埋入しました。インプラントが骨に生着した後、インプラントの仮歯を入れて色や形など患者さんのご要望を確認して最終補綴物を装着しました。
患者さんは概ねこのような場合、治療の結果がどんどん良くなるとニーズ、要求が高まっていくようです。治療する側としてはもう少し暗めの色にするつもりでしたが、ご本人は白い歯を強く希望され、写真のような最終補綴物となりました。

20161130_1

20161130_2

20161130_3

装着後1週間して来院されましたが、とても喜んでいらっしゃいました。
この方のご友人も、どのような歯が入るか楽しみにしておられたそうですが、いい歯医者さんに巡り合えてよかった、自分も治療する時はお願いしたいとおっしゃったそうです。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です