上顎前歯部にXiveインプラントを埋入し歯冠補綴した症例

50代の男性です。上顎前歯部の欠損で来院されました。
左上1番に対し、臨在歯を削ってブリッジを入れる治療ではなく、インプラントを選択された患者さんです。
Xiveインプラントを埋入し3か月経過したので、歯冠補綴を行いました。
他院で抜歯して少し日数が経って来院されたため、反対側の右上1番と少し歯頚線のずれがありますが、待時埋入による差に比べればこのくらいのギャップは気にならず、きれいに出来上がったと思います。
歯肉の色も3日ほどで元に戻ると思います。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です