サイナスリフトを行い1年後に上部構造を制作した症例


40代の男性です。約1年前に当院でサイナスリフト(上顎洞底挙上手術)を行いました。

しばらくお仕事が忙しく来られなかったのですが、昨年の暮れに歯を入れたいと来院されました。
歯科用コーンビームCTで精査した結果、上顎洞に異常はなく、インプラントの周りの骨造成も確実に行われており骨にしっかりと生着していたため、型取りを行って上部構造の制作に移行しました。
私はサイナスリフトを行った際、複数本のインプラントを入れる場合はできるだけ上部構造を連結して作る方法をとっています。





このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です