上顎洞底挙上手術から6か月経過し上部構造を装着した症例

50代の女性です。約半年前に上顎洞底挙上手術を行いました。6か月経過し、きれいに骨造成できたことが確認されたため、今回2次手術を行って印象を取り上部構造を装着しました。



残念なことに、最近はアトランティスアバットメントを使う症例があまりありません。その理由は技工士さんによると、埋入ポジション、深度が適切であるため、印象をとった後もわざわざオーダーのアバットメントにする必要が無いからということです。
せっかく日本でもアトランティスアバットメントという良いシステムが使えるようになったわけですが、なかなか使うチャンスが無いようです。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です