無歯顎の患者さんに固定式のブリッジを作成するため仮歯を装着した症例

60代の男性です。上顎はすべての歯が失われていますが、年齢からも、まだ入れ歯にはしたくない、固定式の歯にしたいという強い要望がありました。右上臼歯部と左上臼歯部は上顎洞底挙上手術を行い、上顎前歯部はサージカルガイドを用いてインプラント埋入を行いました。

その手術から6か月経過したので、第二次手術となりました。型どりを行い、現在はインプラントの仮歯を装着しています。

無歯顎の患者さんに対しインプラントを使った固定式のブリッジにする場合、当院では約1か月間仮歯を装着していただきます。仮歯の装着感、かみ合わせの状態などをチェックし、それから最終補綴物を作るようにしています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です