歯列不正のある審美領域にインプラント治療を行った症例

20代の女性です。上顎前歯部の欠損に対し、インプラント治療を希望して来院されました。
前歯部に歯列不正があったため、ブリッジによる歯冠補綴ではなかなか元の自然な形に復元することが難しく、抜歯後即時埋入によるインプラント治療を行いました。
口蓋側に深く埋入することにより、隣りの天然歯と調和させた欠損補綴が可能となりました。
ご本人も装着後、どちらの歯が自分の歯なのか分らないほど綺麗にできたと喜んでおられました。
骨の量は充分にあったため、予知性の高い予後の良い症例と言えると思います。

このところ、このような審美領域のインプラント治療が非常に多くなっています。審美領域で重要なのは、埋入するタイミングと、どのポジションにどのような深さで埋入するかということです。入れるタイミングが遅くなると、唇側の骨吸収が起き、臨在する天然歯との調和、対称性がとりにくくなるからです。
その対策としては、歯科用コーンビームCTによる精査と、サージカルガイドを用いた治療が有効です。
さらに加えると、歯周組織(歯茎)に調和した最終補綴物を装着することも重要で、技工士さんの腕が問われます。
歯列不正のある場合、ブリッジでは元のような歯並びに復元することはできません。一方、インプラントは、その部分だけのワンポジションの修復が可能です。歯並びが悪いなりに連続性を持った元の状態に修復することができるのです。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です