上顎前歯部にインプラント治療を行い、歯周組織に調和した上部構造を装着した症例

60代の男性です。上顎の2番(側切歯)が歯根破折して来院されました。
ご本人と相談したところ、昔他院で上顎前歯1番と1番にセラミック冠を被せてもらったので、それは外したくない、健康な左上の3番は削りたくないという希望があり、インプラントを選択されました。
抜歯して口蓋側に寄せて深くインプラントを埋入しました。

約4か月経過したので、上部構造を装着しました。

実際に新しい歯が入ってみると、ご本人も昔入れたセラミック冠より歯周組織によく調和していることに驚き、今度はセラミック冠をやり直したいとおっしゃっています。
良い治療を提供すると、患者さんの歯科医療に対する要求度はアップすると常々感じています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です