審美領域にフラップレスで手術を行い、最終補綴物を装着した症例

60代後半の女性です。
サージカルガイドを用いてフラップレスで手術をした患者さんです。3か月たったのでインプラントを用いた仮歯を装着しました。そして仮歯の形をご本人の希望どおりに修正し、同意を得て最終補綴物を装着しました。


最近、審美領域におけるインプラント治療のニーズが非常に増えています。フラップレスで手術を行うことにより外科的侵襲度は少なく、術後の腫れや痛みもありません。
以前、奥歯のインプラント治療を受けた患者さんは、「最近はずいぶんインプラントも低侵襲な治療を行えるようになったんですね」と、フラップレスの手術にとても満足されていました。
高齢化が進む今、これからはこのような低侵襲の治療が主流になっていくのではないかと思います。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です