20年以上前に埋入したIMZインプラントと最新のインプラントを調和させ補綴を行った症例

50代の女性です。
約20年前にIMZインプラントを埋入していました。IMZインプラントは現在製造中止になっていますが、20年たった今も口腔内でしっかりと機能しています。 
今回はその手前にXiveインプラントを埋入し、古いインプラントと新しいインプラントを調和させて補綴を行った症例です。
当院には、20年、30年と長く通ってくださっている患者さんがたくさんいらっしゃいます。インプラントは20年以上長期にわたって機能していますが、その両隣の歯が抜歯の適応となり、インプラントを追加するケースも稀にあります。
そのような場合は、最新のインプラントとともに古いインプラントを再利用して補綴治療を行っています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です