上顎前歯部に対しフラップレスでインプラント抜歯時即時埋入を行った症例


70代の女性です。右上1番が歯根破折となり、インプラント治療を希望して来院されました。
この症例をブリッジで治すには右上の2番と左上1番を使ってブリッジにするか、もしくは右上3番2番を使った延長ブリッジという方法が考えられます。ただ、左上1番がインプラントだったため、ご本人もブリッジよりインプラントにしたいというご希望でした。
70代後半の女性なので、できるだけ外科的侵襲度を少なくするため、フラップレスで抜歯時即時埋入を行いました。
術後のCTを見ると、インプラントは口蓋側に深めにきれいに埋入されています。
3か月後、インプラントを用いた仮歯を使って患者さんの希望する形、色を相談しながら最終補綴物を装着する予定です。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です