既存のセラミック冠に調和した審美修復を行った症例

20代の女性です。右上1番が、交通事故により外傷を受けて歯を失ったため、そこにインプラント治療を行いました。
反対側の左上1番にはセラミック冠が入っていたので、それに合わせてインプラントを埋入し上部構造を装着した症例です。
左右を比較してみても、きれいに入っており、治療した歯とはわからないと思います。ご本人も、とても喜んでいらっしゃいました。   
この方は若いので、他に虫歯ができないように3~6か月に1回は定期的、継続的にメインテナンスに来てくださいとお話しました。
この症例のように、最近は週に1人か2人はインプラントで前歯部の審美修復をしてほしいと、初診で来院されます。
前にもお伝えしたとおり、インプラントで歯を作る場合、既に入っているセラミック冠に調和させて作るのは、天然歯の間に1本作るよりも難しいと思います。
他院で入れたセラミック冠よりきれいに仕上がることもあります。その場合、ゆくゆくはセラミック冠の方を入れなおしても良いかと思います。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です