前突した前歯2本を抜歯してアストラテックEVインプラントを埋入した症例

30代の女性です。
前歯部の審美修復を希望して来院されました。

写真を見てわかるように、上顎の中切歯(前歯)2本が前突し、しかも虫歯になっていました。

ご本人の希望は、この2本の歯を後ろに引っ込めてほしいということでした。

他の歯の噛み合わせは悪くなかったので、歯冠補綴と矯正の組合せと、この中切歯2本を抜歯してインプラントにする2つの提案をしました。

ご本人は、早く綺麗に治るのであればそうしたいということで、インプラント治療を選択されました。

両隣の側切歯2本は保存可能なので抜歯後、そこに舌面板を付けた仮歯を装着しました。

治療中も、最終補綴物が入るまで患者さんのQOLをできるだけ低下させないようにすることは重要なポイントです。

左上の4番は保存不可能だったため抜歯しました。この歯もいずれはインプラントにしたいということでしたが、今回は初めてのインプラント治療なので、とりあえず主訴の中切歯2本に対する治療が終わったら考えましょうとお話しました。

上顎の左右1番部に、アストラテックEVインプラント(直径3.6ミリ、長さ11ミリ)を埋入しました。

術後の腫れも痛みも無く、翌日来院された時、「インプラントってこんなに簡単にできるんですか」と驚いたご様子でした。

インプラントの初期固定(安定度)が高い場合、埋入してすぐに負荷をかける先生もいらっしゃるのですが、私は慎重派なので、やはりインプラントがちゃんと骨に生着してから仮歯を作るようにしています。

3か月後、インプラントを使った仮歯を装着し、患者さんの希望する形や色、歯冠乳頭の形態などを確認して、最終補綴物の製作に移行していく予定です。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です