抜歯後時間が経過したため人工骨を補填し左右の歯の長さを揃えるインプラント補綴を行った症例

201409-02-06

この患者さんは30代の男性です。 201409-02-01 201409-02-02上顎の中切歯(1番部)が欠損し、他院でインプラントを勧められたもののあまり詳しい説明を受けられなかったということで、当院に来院されました。

口腔内を診ると抜歯した後かなりの時間が経過していたため、外側の骨が吸収されていました。そのままの状態でインプラントを埋入しても、右側の本来の天然歯の歯頚線と、左側のインプラントの歯頚線の位置に大きなずれが出て、左右の歯の長さが非対称になると考えられます。

この方の場合は抜歯後に日にちが経ってしまっていたので、当院にてまずは外科的治療から行うことになりました。

人工骨を補填し、唇側の骨のボリュームを増大させ、更に2次手術の時に結合組織移植もしてから、インプラント補綴を行いました。

ご本人も思ったより左右の歯の長さに差が無いと、とても満足して下さいました。201409-02-03 201409-02-04 201409-02-05 201409-02-06

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です