歯牙支持型のサージカルガイドを使って、正確な位置にインプラントを埋入した症例

 この患者さんは60代の女性です。右上小臼歯部にインプラントを埋入しました。
 以前、その奥の小臼歯部と大臼歯部にはサイナスリフトを行い、インプラント治療を行っていました。今回新たに追加のインプラントが必要となったため、歯牙支持型のサージカルガイドを用いてインプラントを埋入した症例です。
141121_1

歯牙支持型サージカルガイド
歯牙支持型サージカルガイド

 術後のCT画像を見ると、インプラントの先端が上顎洞に入らないように、そして手前の天然歯の歯根にもぶつからないように、正確なポジションに埋入できたことが確認できました。
141121_3
141121_4
141121_5
141121_6

 サージカルガイドには様々な種類があり、歯牙支持型、骨支持型、粘膜支持型の3つが主流です。それぞれに利点、欠点がありますが、私はほとんどのケースで歯牙支持型か骨支持型を使っています。粘膜支持型はたしかに歯肉の切開をしなくても良い治療ですが、麻酔薬の量が多かったり、型取りが正確に行われなかったりした場合は埋入位置にずれが生じることがあるため、私は粘膜支持型のサージカルガイドは使っていません。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です