取り外し式の入れ歯をやめ、静脈内鎮静法を用いてインプラントで固定式の歯をつくることにした症例

 こちらは60代の女性です。左上第一小臼歯から第二大臼歯まで4本の歯が無かった患者さんです。
 当初インプラント治療を希望して来院され、CTを使って精査したところ上顎洞が大きく、サイナスリフトを行わなければインプラントを使った固定式の歯をつくることができないことが分かりました。
そこで、サイナスリフトを用いた治療計画を立案しましたが、ご家族より「外科的侵襲度が高い治療はやめた方が良いのではないか」という意見があったため、急きょ取り外し式の入れ歯をつくることに変更しました。
ところが、取り外し式の入れ歯を製作したものの、やはり咀嚼がうまくできず発音もしづらい、使い勝手が煩わしいということで、インプラントを使った治療をするに至りました。
静脈内鎮静法を使い2時間以内の手術で、3本のインプラントを綺麗に埋入することができました。6ヶ月か7ヶ月後には固定式の綺麗な歯を装着できると思います。
1

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です