乳犬歯を抜歯して審美領域にインプラント治療を行った症例

 これまで、臼歯部の欠損に対して咀嚼機能を回復するためのインプラント治療を数多く行ってきましたが、最近は審美領域に対するインプラントもかなり多くなっています。
 特にいろいろな情報誌や私のホームページ、ブログなどを見て来院された場合、できるだけ健康な天然歯は削らないで、無くなった歯の部分だけ治療してきれいに歯を作って欲しいというご要望が多いようです。治療前のカウンセリングや話し合いをしていても、機能性だけではなく、審美的なご要望が強くなってきたと感じます。
 この患者さんは、20代の女性です。
 側切歯(右上2番)が先天的に欠如しており、本来の3番の位置に乳犬歯が残っていました。この乳歯を抜歯し、インプラントを埋入して審美補綴を行いました。
1
2
 これまでかかっていた歯科医院では、従来の治療法で両隣在歯を削ってブリッジを作りませんかと言われたそうですが、できれば健康な歯は削りたくないということで来院され、審美領域の3番部にインプラント治療を行いました。
 結果として、機能的にも審美的にも充分に満足いただける補綴治療ができたと思います。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です