上顎前歯部に従来のブリッジによる歯冠補綴治療を行った症例

当院では上顎前歯部の審美領域に、インプラント治療だけではなく、従来から行われてきた歯冠補綴治療を行うケースもあります。
こちらは60代の女性です。治療の方法としてインプラントも考えましたが、欠損している右上2番部にインプラントを埋入するにはかなりの骨造成が必要でした。歯科用コーンビームCTで精査、診断した結果わかりました。
患者さんと充分な話し合いをしたところ、隣在歯は既に他院で削られていたので、従来から行われているブリッジに方針を切り替えて、歯冠補綴治療を行うことにしました。
出来ばえは非常に綺麗で、機能的にも審美的にも満足していただいたので、装着後に口腔内写真を撮らせていただきました。

上顎前歯部に従来のブリッジによる歯冠補綴治療を行った症例01

上顎前歯部に従来のブリッジによる歯冠補綴治療を行った症例02

この患者さんは臼歯部に既にインプラント治療を行い、臼歯の適切な咬合関係が確立しています。従ってこの前歯部の審美補綴物も、長期間にわたり良い状態が保たれていくと思います。
つまり臼歯部の適切な咬合関係を確立した後に前歯部の治療に移行してこそ、長期的な良い結果が得られるということです。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です