インプラント治療から6年ぶりの来院で経過良好と確認された症例

この方は6年前に、審美領域にインプラント治療を行った50代の男性です。上顎2-1-1のところにインプラント2本を入れて、3本の歯冠補綴治療を行いました。
しばらくメインテナンスに来られなかったので心配だったのですが、海外赴任されていたということで6年ぶりに来院されました。
ご本人の了解を得て口腔内の写真を撮らせていただいたところ、インプラントの環境は非常に良好であると確認でき安心しました。
併せてデンタルレントゲンで撮影したところ、とくに骨組織の異常も無く、経過は良好と考えられます。
しかし前歯部にハイブリッッド冠を装着した場合、つや出し用の特殊な研磨剤を使用して、審美性を回復した方が良いかと考えられます。
今後はしばらく日本にいらっしゃるということなので、3ヶ月に一度の定期的なメインテナンスを続けて下さるということです。

インプラント治療から6年ぶりの来院で経過良好と確認された症例01
インプラント治療から6年ぶりの来院で経過良好と確認された症例02
インプラント治療から6年ぶりの来院で経過良好と確認された症例03

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です