アトランティスアバットメントを用いたインプラント修復

この患者さんは、既成のアバットメントを使って上部構造を技工士さんに作ってもらったのですが、口蓋側に食片が入るということで、アトランティスアバットメントを用いて上部構造を作り直したケースです。
アトランティスアバットメントを用いることで、軟組織(患者さんの生態)に調和したアバットメントを作成することができました。出来上がった上部構造とともにすばらしい形態の改善ができ、食片の悩みも解決しました。
アトランティスアバットメントを用いたインプラント補綴は、今後日本でもどんどん取り入れられ、臨床に応用されると考えられます。

アトランティスアバットメントを用いたインプラント修復01

アトランティスアバットメントを用いたインプラント修復02

アトランティスアバットメントを用いたインプラント修復03

アトランティスアバットメントを用いたインプラント修復04

アトランティスアバットメントを用いたインプラント修復05

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です