静脈内鎮静法を用いて1時間の手術で3本のインプラントを埋入した症例

この方は60代の男性です。レントゲンでも分かるように8年くらい前、左下と左上にインプラントを埋入していました。

静脈内鎮静法を用いて1時間の手術で3本のインプラントを埋入した症例1

今回は右下に装着していたブリッジが保存不可能となり、やはりインプラント治療を選択されました。
静脈内鎮静法を用いて、1時間の手術時間内に3本のインプラントを埋入しました。

静脈内鎮静法を用いて1時間の手術で3本のインプラントを埋入した症例2
静脈内鎮静法を用いて1時間の手術で3本のインプラントを埋入した症例3

初診時はとても健康な方でしたが、8年も経過すると人間の健康状態は変わることもあります。現在は呼吸器系の疾患がおありということでしたが、無事に手術を完了することができました。
3か月後には間違いなくきれいな歯を装着できると思います。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です