右下顎に2本のインプラントを埋入し骨補填剤を充填した症例

この方は60代の男性で、右下5・6・7番欠損の患者さんです。インプラント治療を希望して当院に来院されました。
一ヶ月くらい前に他院で右下5番を抜歯したとのことですが、1ヶ月経っても軽度の痛みを訴えていたため、歯科用コーンビームCTで精査しました。
その結果、5番部は当院で再掻把(すでに抜歯した箇所をもう一度きれいに処置する)し、骨補填剤を充填。そして、6・7番部にはインプラントを埋入する手術を計画しました。
5番部は歯根嚢胞のため骨が無くなっていましたが、治癒を待ち、3ヶ月後にはインプラントを埋入する予定です。

右下顎に2本のインプラントを埋入し骨補填剤を充填した症例01
右下顎に2本のインプラントを埋入し骨補填剤を充填した症例02
右下顎に2本のインプラントを埋入し骨補填剤を充填した症例03
右下顎に2本のインプラントを埋入し骨補填剤を充填した症例04
右下顎に2本のインプラントを埋入し骨補填剤を充填した症例05
右下顎に2本のインプラントを埋入し骨補填剤を充填した症例06

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です