上顎に4本のインプラントを埋入し、総義歯に維持、支持装置を付けるIODを行う症例

この方は70代男性です。昔からの患者さんで、当院にもう25年以上通って下さっています。
局部床義歯を入れていましたが、今回、総義歯に変更することになりました。ただ、ご本人は入れ歯をできるだけ小型化したい、食べ物の味覚障害や発音障害が無いようにしたいという希望がありました。歯科用CTで上顎を精査した結果、インプラントを4本埋入し、それに維持、支持装置をつけたインプラントオーバーデンチャー(IOD)を製作することを計画しました。
約1時間の手術で、上顎に4本のインプラントを埋入しました。3ヶ月後には、埋入したインプラントに維持装置(ロケーター、もしくはマグネット)を装着して、入れ歯の安定を図ろうと考えています。

上顎に4本のインプラントを埋入し、総義歯に維持、支持装置を付けるIODを行う症例01
上顎に4本のインプラントを埋入し、総義歯に維持、支持装置を付けるIODを行う症例02

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です