横浜市 磯子区 歯科 歯医者 虫歯 歯周病 医療法人社団友生会

top

一般歯科

食べ物が歯にひっかかる、冷たいものがしみる、痛いなどの症状があったら、虫歯の前兆です。早めにご来院ください。当院では治療前にカウンセリングを行い、治療方法・来院回数などをご説明し、患者様の不安を和らげるよう努力しています。また、一生自分の歯でいるためにも、定期的な検診をお勧めします。

虫歯の原因

虫歯は口の中の細菌により、歯のエナメル質が溶けてしまう状態をいいます。「甘いものが好きな人は虫歯になりやすい」と言われていますが、虫歯菌は口の中に入った糖分を食べ、代わりに酸を排出し、この排出された酸によって歯が溶けて虫歯になります。
さらに虫歯が進むと細菌の塊(バイオフィルム)が繁殖し、拡大してしまいます。

健康な歯の状態

歯みがきの際、目に見えない、みがき残しなどが原因で虫歯になる場合があります。
虫歯になる前の予防をおすすめいたします。

虫歯レベル1(C1)

歯の一番表層にあたるエナメル質が解け、黒ずんでいる状態です。
この段階では冷たいものがしみたりすることはありますが、痛みはほとんどありません。
虫歯を削り、詰め物など簡単な治療を行います。

虫歯レベル2(C2)

虫歯レベル1の状態でしばらく放置すると、エナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が到達してしまいます。
この段階までくると歯がしみたり、ときどき痛むこともあります。虫歯を削り、詰め物で補います。

虫歯レベル3(C3)

虫歯が神経にまで達した状態です。
熱いものがしみるようになり、場合によってはズキズキと激しい痛みが出てきます。
治療せずこのままの状況で放置すると、歯を抜かなくてはいけない場合もあります。

虫歯レベル4(C4)

歯の大部分が溶けてしまい、歯根まで虫歯に侵された状態です。
神経が死んでしまったので強い痛みはありませんが、噛むと痛みや違和感があったり、膿(うみ)が溜まったり、細菌が血管を通り全身に影響をおよぼす場合もあります。

歯周病について

意外に思われるかもしれませんが、歯を失う原因で最も多いのは虫歯ではなく、歯周病がほとんどです。
歯周病とは歯茎や歯肉の病気だと思っている方が多いと思いますが、実際歯周病とは、「歯を支える大切な骨が溶けていく」という、自覚症状のない恐ろしい病気です。

歯周病の主な原因とその予防法

歯周病の主な原因は、歯磨きが適切に行われなかったことにより、食べかす等の汚れが歯面に付着し、細菌が繁殖することです。
逆を言えば、適切な歯磨きを行う事で、歯周病は予防することが出来ます。
適切な歯磨きとはプラークコントロールができていること、つまり歯垢(プラーク)をしっかりと取り除くことを指し、歯垢をしっかりと取り除くためには、毎日の正しいブラッシングが重要です。
しかし、正しくきちんと磨くというのはなかなか難しいもので、磨いたつもりでも歯垢が残っていることがあります。歯磨きをする上で重要なのは、しっかりと「磨けている」状態にすることです。

歯周病と全身疾患の関係

歯や歯ぐきの健康は口の中だけでなく全身と関係しています。
口の中には何百種類という細菌が生息していますが、口から体の中に入り込むとさまざまな病気(心臓病、肺炎、糖尿病、早産等)を 引き起こすことがあります。

肺炎

歯周病があると歯肉からの出血や膿が出るため、口の中の様々な細菌が増殖しやすい環境となります。
そのため、歯周病菌が肺に感染し肺炎になることがあります。

心臓病

心臓病重症になると歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため、動脈硬化を招き心筋梗塞(しんきんこうそく)や狭心症(きょうしんしょう)などを引き起こすことがあります。
また心臓の内側にある心内膜(しんないまく)の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎(さいきんせいしんないまくえん)になる場合もあります。

糖尿病

歯周病が糖尿病を引き起こすだけでなく、糖尿病の患者様が歯周病にかかっていると血糖コントロールが難しくなり、さらに悪化してしまう可能性があります。
歯周病で悩む人には糖尿病の人が多くいますし、歯の治療で歯科医の診断を受けて、糖尿病が見つかるという人もいます。
糖尿病の人は、口腔内を清潔にして、よく歯磨きをすることが大切です。

早産

早産歯周病菌による口腔内の炎症が胎児の成長に影響し早産を引き起こすことがあります。
歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦と比べて、早産や未熟児を出産する確率が7倍にもなるというデータもあります。

しっかり磨くためのポイント

適切に歯磨きを行うために、簡単なチェックポイントをご紹介します。

  • 自分に合った歯ブラシを使う
  • 古い歯ブラシをいつまでも使わない
  • 歯ブラシは正しい持ち方で行う
  • 歯磨きにはしっかり時間を取る
ほとんどの人は自己流の歯磨きではないでしょうか?

毎日歯磨きをして、磨けている「つもり」でも、虫歯や歯周病になってしまってはもったいないです。
しっかり磨けている状態にするためにも気軽に相談できる歯科クリニックを見つけて、自分に合ったブラッシングの方法を教えてもらい、それを続けていくことが大切です。
また、歯ブラシでは磨けていないところは歯間ブラシやデンタルフロス、部分磨き用の歯ブラシなどの補助器具も併用することも重要です。

磯子区役所の液晶案内パネルに広告を出しております
ドクターズ・ファイル
歯医者さんがおすすめする歯科医院 歯医者の選び方2018年 当院のドクターが推薦されました(2年連続)
モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
横浜銀行ライフサポートローン