横浜市 磯子区 矯正歯科 医療法人社団友生会

top

矯正歯科

 

歯並びや噛み合わせを正しくするのが矯正歯科です。歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすくなり、ひどいときには肩こりや腰痛を引き起こす原因にもなります。
歯を矯正することで正しく歯みがきができ、虫歯予防や身体の健康にもつながります。
当院ではマウスピースを使った目立ちにくい矯正の方法と、従来のブラケットとワイヤーを使った矯正を患者様のお口の状態により使い分けております。
なお矯正歯科はお子様だけでなく、成人の方でも治療が可能です。

矯正歯科で、美しい笑顔を

健康で素敵な笑顔を提案します

食事の時しっかり噛んで美味しく頂くのは健康でいるための基本です。またキレイに並んだ歯並びは周りの人にも好印象を与えます。噛むという生きるために大切な行為だけでなく、顔の印象を決めてしまう笑顔という審美的な視点からも「矯正治療」をお勧めしています。

悪い咬み合せや歯並びのデメリット

  • 歯がよく磨けないので、虫歯や歯ぐきの病気(虫歯や歯周病など)になりやすい。
  • 自分では気づきにくいものですが、口臭が発生しやすい。
  • 歯茎が腫れて、やがて溶け始め、最終的に歯を失う。
  • 上下のあごの発育や顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。
  • 正しい発音がしにくくなる。
  • よく噛めないために胃腸に負担がかかる。
  • 人前で笑えないほどの心理的な問題を起こす事がある。

矯正治療後のメリット

  • 食べ物がよく噛めるようになって胃腸の消化を助ける。
  • 口元が整って、表情が美しくなり、自信が生まれる。
  • 虫歯や歯周病のリスクが大幅に減る。

大人の矯正治療(成人矯正)

全ての歯が永久歯になった状態(永久歯列期)からはじめる矯正治療です。 ブラケット(矯正装置)もしくはアライナー(マウスピース)を用いて、より良い咬み合わせを作ります。 基本的に虫歯や歯周病などのお口の病気がなければ、何歳からでも成人矯正治療は可能です。

お子さまの矯正治療

こどもの時期に行う矯正治療の大きなメリットは、まだ本人に成長発育する力が存在しているということです。
個人差はありますが、8~10歳頃に矯正を始めることで、将来永久歯で正常な咬み合せをつくるための土台となるあごの成長を正しい方向へと促す「成長誘導」が可能です。

成長発育段階の子供の時期は骨格への治療という"歯並びのための基礎的治療"ができるため、将来大人の矯正に移行した際に抜歯の可能性が低くなるなど効率的な治療が可能になります。

磯子区役所の液晶案内パネルに広告を出しております
ドクターズ・ファイル
歯医者さんがおすすめする歯科医院 歯医者の選び方2018年 当院のドクターが推薦されました(2年連続)
モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
横浜銀行ライフサポートローン