上顎洞底部に骨の壁がある患者さんに上顎洞底拳上手術(ラテラルウィンドウテクニック)を行った症例


50代の男性です。左上臼歯部の第一・第二小臼歯、第一・第二大臼歯が欠損していました。
他院にインプラント治療の相談に行ったところ、上顎洞底拳上手術が必要なため治療できないと言われたそうです。しかも、上顎洞底部に高い骨の壁のようなものがあるために、拳上手術が非常に難しいと思われる症例でした。
この方の場合は壁の近心側に骨造成を行って、3本のインプラントを埋入することを計画しました。
静脈内鎮静法を用いて11㎜以上のインプラントを3本埋入することができました。
術後の著しい腫れや痛みも無く経過良好です。半年後には最終的な歯を装着することが可能と考えられます。

「治療前」

150903_00

「治療後」

150903_01
150903_02

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です