上顎前歯部にオッセオスピードTXを4本埋入した症例

50代の女性です。上顎の2-1-1-2-3番が欠損していました。これまで取り外し式の部分入れ歯を装着していましたが、当院で治療をしていたご友人の紹介で来院されました。
審美領域の欠損補綴ですが、骨の状態によってインプラントを隣り合わせで埋入する必要があったため、使用した4本のインプラントは全てプラットホームスイッチングシステムを利用したオッセオスピートTXです。
最終補綴物はきれいに装着することができました。

150909_01

150909_02

150909_03

150909_04

150909_05

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です