審美領域におけるブリッジ治療

50代の女性です。インプラントによる前歯部の審美治療を希望し来院されました。
左上1番部の垂直的距離、水平的距離が短く、骨量が足りないためにインプラント治療を断念した症例です。
当然、大掛かりな骨造成を行えばインプラント治療も可能ですが、もう一つの選択肢としてブリッジを説明したところ、ご本人はそちらを選択されました。
欠損した歯の両サイドの天然歯を支台歯形成して、セラミック冠を装着しました。

151019_01
151019_02

結果としては審美的にも充分ご満足いただきました。このようなブリッジによる治療も審美的領域における選択肢の一つだと思います。
医療面接の際、患者さんが最終的にどのようなものを望まれるかをお聞きし、そこにいたるまでの外科的侵襲度や期間、コストなどを充分説明して、治療のゴールを共有しなければならないと考えます。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です