上顎前歯部に審美修復を行った症例

40代の男性です。上顎前歯部の審美修復を希望して来院されました。
根管治療を行った後、メタルコアにて支台築造してセラミック冠の形成を行いました。
隣在歯は健全だったので、技工士さんと相談しながらそれに合わせた形体と色調に決めました。
隣在歯によく調和し、自然な仕上がりの美しい歯が出来上がりました。

20151225_01
20151225_02
20151225_03

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です