下顎前歯部に抜歯と同時に骨造成、仮歯の装着を行った症例

こちらは下顎前歯部の審美修復を希望して来院された患者さんです。

20160114_01

インプラント治療を行うのですが、骨の頬舌的幅が短かったため、抜歯と同時に骨造成を行いました。
できるだけ歯を削らないように舌面板を用いた仮歯を製作し、抜歯直後に仮歯を装着しました。3か月後にインプラントを埋入する予定です。

20160114_02
20160114_03

このように当院には、インプラント治療が難しいとされる審美領域や上顎臼歯部欠損の患者さんが多く来院されています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です