オリジナルのアバットメントで10年ぶりに上部構造を作り替えた症例

約10年前、左上の大臼歯部にインプラント治療を行った患者さんです。
長く使って上部構造が多少痛んできたため、きれいな上部構造に作り替えたいということで来院されました。

20160912_01

20160912_02

検査の結果、インプラントの方は全く問題無かったため、上部構造だけを交換することになりました。
今回のケースの特徴として、インプラントの粘膜貫通部の距離がとても長いという点が挙げられます。10年前はインプラントと上部構造をつなぐアバットメントは既成のものしかなく、それで対応したのですが、今は技術が進み患者さんの個体に合ったオリジナルのアバットメントを作ることができるようになりました。
今回はオリジナルのアバットメントを使用しました。装着した時の違和感が無く、すぐになじんでくれたようです。
今後は既成のアバットメントではなく、アトランティスアバットメントなどのオリジナルのものを使った方が、患者さんにとってもより良い結果が得られるのではないかと思います。

20160912_03

20160912_04

20160912_05

20160912_06

20160912_07

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です