サイナスリフトを行い、GBRと3本のインプラント埋入を行った症例

50代の女性です。
左上臼歯部欠損で、左上の4番、5番、6番、7番が無い方でした。
インターネットや当院のHPを見て来られたということで、最初からインプラント治療を希望されていました。
他院でインプラント治療を勧められたそうですが、上顎の骨が少なく骨造成が大幅に必要なため、その病院では技術的に難しいということで当院に来院されました。
歯科用CTで調べたところ4番部と5番部は骨の垂直的な距離が充分に確保されていたのですが、6番部、7番部は骨が少なくサイナスリフトが必要でした。
最終的な歯が入るのは手術してから6か月先になるため、その間、どのような仮歯を入れるかがこの治療の一つのポイントです。3番(犬歯)はすでに他院で歯冠補綴されており、幸いなことに8番は親知らずが残っていました。この親知らずと犬歯にブリッジをかけ、6か月間仮歯として使用していただくことにしました。
静脈内鎮静法を用いて4本のインプラント埋入を予定しました。
6番、7番部は通法通りラテラルウィンドウテクニックによる上顎洞底挙上手術、4番、5番部には通常のインプラント治療を行う予定でしたが、実際には、4番部がCT画像よりも頬舌的な骨の距離が短く幅が少なかったので、チタン製のタック(マーチン社製)を用いたGBR法に留めました。
結果的には5番、6番、7番部に3本のインプラントを埋入した症例です。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です