埋入ポジションが制限されていたためサージカルガイドを用いてインプラントを埋入した症例

50代の女性です。上顎前歯部の左右1番の欠損でしたが、自分の健康な歯は削りたくないということで、インプラント治療を希望されました。
ただこの症例で難しかったのは、前歯部の唇側の骨がかなり萎縮・吸収していたために、インプラントを埋入するポジションが非常に制限されていたことです。
歯科用CTで調べた結果、口蓋側に深く入れることがぎりぎりできたので、サージカルガイドを用いてXiveインプラントを2本埋入し、歯冠補綴を行いました。
出来上がった時の歯冠長が少し長くなることはある程度予想されていたので、術前にお伝えしていました。ただラッキーなことに、この方の笑った時の上唇の位置が低かった(Lowスマイルライン)ので、歯の長さがあまり目立たないことを確認してから、治療を行いました。
装着直後の写真を見ると、入れた歯の長さは少し長いのですが、左右の対称性はきれいにとれています。

最近、審美領域のインプラント治療を希望する人が非常に多くなってきました。昔は前歯部が抜歯の適応になると、ご本人にはインプラントの治療方法について何も説明しないで、ブリッジを入れるために歯を削るということが行われていました。
私はインプラントがすべての症例に適しているとは言いませんが、インプラントを治療法の最初の選択肢に入れるのは良いことだと今は思っています。
歯科用CTやサージカルガイドなど最新の歯科技術、治療機器はどんどん進化し発展しています。それを充分に使いこなすことで、さまざまな症例に対応できるようになりました。
ただ、術者はそうした最新機器を使わなくても治せる技術を持っていて、初めてその技術を活かせるのだと思います。実際、手術中にサージカルガイド通りにしない方が良いと思った場面では、フリーハンドで手術を行ったこともあります。これは、臨床での経験によるものだと思います。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です