上顎洞底挙上手術を行った患者さんに対し、アトランティスアバットメントを用いて上部構造を装着した症例

50代の男性です。右上の5、6、7番欠損で、欠損補綴を希望して来院されました。
術前の歯科用CTによる検査により上顎洞底挙上手術が必要と診断されたため、麻酔科医専門医と協力しラテラルウィンドウテクニックを用いて長さ11ミリ以上のインプラントを埋入した症例です。

手術の写真は約半年前に撮影したものですが、経過良好のため、先日最終補綴物(上部構造)を装着しました。

術後の歯科用CTの画像を見ても上顎洞に対する骨の造成が充分に、そして適切に行われたことが分かります。
上部構造の製作にあたってはアトランティスアバットメントを用いて行われ、3本の歯を連結して装着しました。
使用したのは、メンテナンスを考慮し、仮着セメントです。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です